お気軽にお問合せください
M1村田宏彰公認会計士事務所

TEL:03-5367-6101
info@cpa-murata.com
M one NEWS
ブログバナー

M1村田宏彰公認会計士事務所は
TKC
全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

【所属】

日本公認会計士協会

東京税理士会

M One News 2010

M One News 10-01           2010/01/01 夏への扉

 ぼくの飼っている猫のピートは、冬になると決まって夏への扉を探し始める。
 彼は、家に12もあるドアの、少なくともどれか1つが、夏に通じていると固く信じているのだ。
 そして、かくいうぼくも夏への扉を探していた。
 
 あなたなら、どんな気持ちになるだろう?
 もし、最愛の恋人には裏切られ、仕事は取り上げられ、生命の次に大事なものを騙し取られてしまったとしたら・・・・。
 ぼくの心は冬そのものだったのだ!
 
 
 そんな滑り出しで話が始まるのは、米国SF作家の巨匠ロバート・A・ハインラインの名作『夏への扉』。
 
 この本に出てくる猫のピートは、どのドアを開けてみても外は寒い冬なのだけれども、それでもどれかのドアで夏に行けると信じ、試してみたがってしかたがない習性を持っています。
 1つがダメでも、すべてのドアを試してみるまでは納得せず、人間用ドアまで開けろと飼い主にまとわりつく。
 どんなに繰り返そうと、夏への扉を探すのを決してあきらめようとはしません。
 
 何とかしたくても自分ではどうにもできなかったり、追い込まれて八方ふさがりになってしまうことがあります。
 こんなときに、信念があればもう少し頑張れる、やり方を変えてチャレンジすれば乗り越えられる、そんな気がします。
 この頑固な猫が、私にはとってもかわいく思えるのです。
 
 
 未来は、必ず過去に優る。
 人間はその環境に順応し、徐々に環境に働きかけ、新しいより良い世界を築いていく。
 誰がなんと言おうと、世界は日に日に良くなり優りつつあるのだ。
 
 そうはっきり謳い上げることによって、読者を勇気づけてくれる本を、私は他には知りません。
 
 
 
 そしてもう1つ大切なことも、この小説は教えてくれます。
 人生という大事なドアは、自分の手で開けなくてはならないということを。
 
 息苦しい毎日の中でじーっと黙って待っていても、誰もドアを開けてくれない。
 自分で開けないとドアの向こう側には行けない。
 
 もちろん、「向こう側」に何があるかなんて知らないし、考えてもわからない。
 でも、このドアを開ければ何かがある、光があるんだ、と信じきることで道が開けるのでしょう。
 
 行き詰まりや閉塞感―――言葉は何でもいいけれど、その扉を開けるのは誰でもない、自分自身だということです。
 
 
 
 未来への希望と、正直で誠実な人間への暖かいまなざしに、心温まります。
 そしてこの小説は、こう締めくくられています。
 
 「ピートはいつまでたっても、ドアというドアを試せば、必ずその1つは夏に通じるという確信を、棄てようとはしないのだ。
 そしてもちろん、僕はピートの肩を持つ。」

                                             → 目次へ戻る